「by」の得点表示の作り方

abcの「10by10」のような「by」形式の得点表示の作り方を解説します。

10by10とは、各プレイヤーに「正解ポイント」と「誤答ポイント」が与えられ、その積がスコアとなる形式です。
試合開始時は、全員、正解ポイントが0、誤答ポイントが10です。
正解すると正解ポイントが1増え、誤答すると誤答ポイントが1減ります。
得点が100ポイントを超えれば勝ち抜け。ただし、10回誤答し誤答ポイントが0になると、これ以上正解しても0ポイントのため失格となります。

このルールは、単純に正解数と誤答数の関数でポイントが決まるため、m○n×の得点表示を少しアレンジするだけで簡単に作ることができます。
そのため、「基本①」で作ったところの続きから作り方を記します。

完成品はこちらからダウンロードできます。

7/24更新:「基本シリーズ」全5回を踏まえて作ったものをこちらに置いておきます。

【使用するExcelの機能】

追加で必要なものは無し。

【作り方】

①ポイント表示セル・誤答数表示セルの数式を書き換える

D列の場合、ポイントと誤答数を表す式は、以下の通りでした。

ポイント:SUM(D7:D56)
誤答数:COUNTIF(D7:D56,"x")

この2つを使って、スコアの計算方法を変えればよいのです。

【ポイント表示セル】

D4列に以下の数式を入力した後、E4~L4までオートフィルします。

=IF(SUM(D7:D56)*(10-COUNTIF(D7:D56,"x"))>=100,"WIN",IF(COUNTIF(D7:D56,"x")>=10,"LOSE",SUM(D7:D56)*(10-COUNTIF(D7:D56,"x"))))

【誤答数表示セル】

D5列に、以下の数式を入力した後、E5~L5までオートフィルします。

=SUM(D7:D56)&"×"&10-COUNTIF(D7:D56,"x")


完成したものがこちらです。



コメント

このブログの人気の投稿

基本①:「m○n×クイズ」の得点表示の作り方

【参加者管理①】ペーパークイズの成績を管理する

『プレAQL全国大会』の得点表示を担当しました